ソニー、グレースノートを2億6000万ドルで買収

文:Greg Sandoval(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2008年04月23日 10時51分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは、デジタルメディア認識のためのツールを提供する企業であるGracenoteを2億6000万ドルで買収した。

 米国時間4月22日に買収を発表したソニーは、Gracenoteには独立部門として運営し続けてもらい、ソニーは「自社のデジタルコンテンツ、サービス、デバイス事業を強化し促進するために」Gracenoteの技術を利用するつもりであると述べた。

 Gracenoteの上級経営陣は、同社に残る予定である。ソニーは声明で、買収は2008年5月下旬に完了する予定であると述べた。

 Gracenoteは、コンテンツ所有者が自分の著作権保護コンテンツを追跡するためのオーディオファイルのデータベースを構築している。顧客には、iTunes、Yahoo Music、AOLなどがある。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!