Debian/Ubuntu等のOpenSSL問題で進展(ZDNet Japanブログより)

野首貴嗣 2008年05月16日 18時39分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Debian/Ubuntu等のOpenSSL問題について、進展があったのでご報告いたします。

 まずOpenSSHの公式な対応として、 openssh-blacklist というパッケージが用意されました。これは危険なバージョンのOpenSSLが生成する、危険な乱数パターンの完全なリストです。そして、 openssh のクライアントパッケージにはssh-vulnkeyというコマンドが追加されました。このコマンドによって、ホスト上の全ユーザの.ssh以下にある典型的なファイル名の鍵、authorized_keysをチェックできるようになりました。

 そしてサーバパッケージでは、アップグレード時に危険なホスト鍵のチェックを行い、必要ならホスト鍵を生成しなおすようになりました。同時に、ssh-vulnkeyでホスト上の全ユーザのチェックも行います。

 危険なOpenSSLで生成した鍵を他にコピーしたような状況には対応しきれませんが、 Debianホストに関する対応としては最低限の義務を果たしたと思います。

全文はこちら--「日本Linux協会blog」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR