サイバーステーション、OSSを基盤にした中小企業向けの災害復旧ソリューションを国内展開

CNET Japan Staff 2008年06月09日 08時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サイバーステーションは6月6日、遠隔地にあるハードディスクをRAID構成で利用するためのLinuxカーネルモジュール「Enhanced Network Block Device(ENBD)」に関して、日本語での技術情報を提供する「ENBD日本語公式サイト」を開設した。

 ENBDは、WAN接続された遠隔地のネットワーク上にあるハードディスクとローカルハードディスクでRAIDを構築可能にするLinuxカーネルモジュール。FTTHやADSLといった安価なブロードバンド回線を介した利用が可能で、かつ、オープンソースソフトウェアとして開発が進められている。

 サイバーステーションでは、こうした特長から、主に中小企業におけるディザスタリカバリソリューションとしてのENBDの有用性に着目したという。ENBD日本語公式サイトでは、ENBDに関する日本語技術ドキュメント、バイナリコード、ソースコードの配布を行うほか、ENBDを利用したディザスタリカバリソリューションの紹介なども行い、日本国内での同技術の普及を目指す。

 同社ではENBDの開発者であるPeter Breuer氏との提携の下、ENBDのビジネス利用に向けた機能強化を共同で行っていく。また、今夏以降をめどに、サポートサービス、インストールならびにカスタマイズなどの導入支援サービスを行っていく予定だ。

 さらに、アライアンスパートナーと共同で、ENBDを活用したハードウェアおよびサービスの製品化を進めていく。6月6日の段階で、アイ・オー・データ機器とソフトバンクIDCの2社がパートナーとして発表されている。

ENDB日本語公式サイト サイバーステーションによる「ENBD日本語公式サイト」では、ENBDに関する技術ドキュメント、バイナリコード、ソースコードのダウンロードが可能。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから