DNSChanger Trojanの新亜種が登場--攻撃対象はルータ

文:Elinor Mills(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2008年06月18日 16時17分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Secure Computingの研究者が、DNSChanger Trojanの新しい亜種を発見した。ルータを攻撃し、攻撃を受けたネットワーク上にあるコンピュータがウェブを閲覧すると、悪意あるウェブサイトにリダイレクトされる恐れがある。

 Secure Computingでデータマイニングの調査を担当するディレクターSven Krasser氏が米国時間6月17日にCNET News.comの取材に対して述べたところによると、DNSChanger Trojanは攻撃者が指定したホストウェブサイトアドレスに向かうようDNSの設定を変更するという。

 「すべての(ドメイン)ネームを悪意あるネームサーバに変換するようにネットワークの設定が変更される」(Krasser氏)

 このDNSChanger Trojanは、ルータ上のあらゆる設定と機能にアクセスすることができる。Secure Computingのブログによると、このDNSChangerの亜種が識別できるウェブインターフェースのURLは、現時点では一般的な一部のルータのものに限られるが、いずれそのほかのルータも影響を受けるようになると見られている。

 このトロイの木馬の作者らは、ActiveXビデオコーデックになりすます「Zlob」と呼ばれている一群のマルウェアの作者らと同一人物だと考えられている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!