Xandros、Linspireを買収へ

文:Ina Fried(CNET News.com)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル 2008年07月02日 17時38分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Michael Robertson氏が設立したLinux企業であるLinspireは、OSの歴史における小さな出来事として位置づけられる境遇を覚悟している。

 Linux企業であるXandrosが、Linspireの買収を進めている。米国時間7月2日に正式発表される見通し。

 Robertson氏は声明で、「Linux事業の統合を進めている。これは有益で必要なことだ。これにより、統合後の企業は、資産と規模を拡大し、Linuxを一層多くの人々に届けることができるように、より大きなイニシアチブを遂行していく」と述べている。

 Linspireは、かつて「Lindows」という名前で知られていたLinuxディストリビューションで有名だ。Robertson氏は当初、Lindowsを「Windows」のソフトウェアを実行できるものとして売り込んだ。しかし、これは結局、棚上げになってしまった。同社はその名前でMicrosoftの怒りを買い、MicrosoftはLinspire(当時の社名はLindows)に対して訴訟を起こした。最終的にはMicrosoftがLinspireに2000万ドルを支払い、LinspireはLindowsという名前の使用をやめることに合意した。

 ちなみに、LinspireとXandrosは、Microsoftとの特許権保護に合意した企業に名を連ねている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!