マイクロソフトの新コード名に「Austin」と「Zermatt」が加わる

文:Mary Jo Foley(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:菊地千枝子 2008年07月16日 04時27分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 私のようにMicrosoftのコード名を把握するのが好きだというみなさんへ:ファイルに加えるべき新しいコード名を以下に2つ紹介する。

 Austin:Austinは「ResponsePoint」のVersion 2.0である。これはMicrosoftの小規模企業を対象にした自称IP/VOIP PBX電話ソフトウェアだ。Microsoftは2007年にResponsePointに関心のある電話メーカーに対して最初のバージョンをリリースした。今月に入り、MicrosoftはResponsePointの「Service Pack(SP)1」のダウンロードを提供し始めた。SP1ではResponsePointシステムに、通話状況、履歴、処理オプション、64ビットのサポート、そしてダイヤルイン(DID)といった新しい機能を加えた。(ところでResponsePointのVersion 1.0のコード名は「Edingburgh」であった。)Austinのリリースやどのような新機能が含まれる予定であるかについてはMicrosoftからは音沙汰がない。

 Zermatt:「ツェルマットはスイスの旅行先である…ニーチェが『高地の空気では、動物であるすべてがより崇高に育まれ、翼を身につける』と述べたようなことから恩恵を受けている」とMicrosoftのアイデンティティ担当チーフアーキテクトを務めるKim Cameron氏は述べている。これはまた、MicrosoftがMicrosoft Connectサイトを通してベータを先週リリースした新しいアイデンティティ・アプリケーションデバイス・フレームワーク(IDFX)のコード名でもある。Cameron氏が説明するには、ZermattはWindowsプラットフォームで動作し、相互運用性があり、アイデンティティを認識するアプリケーションを構築するために開発者が使用すべきものである。Microsoftは「Active Directory Federation Services(ADFS)」に加え、クレームを認識するMicrosoftアプリケーションの将来バージョンを構築している。

 以前にも指摘したとおり、Microsoftはますますコード名に地名を採用するようになっている。異なるチームがコード名を選択する際に異なるテーマを使う時代は終わったようだ。最近ではRedmondから出てくる新しいものはほとんど何でも地名のコード名が使われている。

 コード名といえば、明日はお楽しみがある。引き続きご注目ください…。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!