AMDの新CEO、インテルの「Atom」チップへの対抗プランを語る

文:Brooke Crothers(CNET News.com)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル 2008年07月22日 13時55分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Advanced Micro Devices(AMD)は超低価格ノートPC市場に注目している。AMDの新しい最高経営責任者(CEO)であるDirk Meyer氏と他の幹部たちは米国時間7月17日、同社の業績発表のカンファレンスで、超低価格ノートPC市場と同社の利益を上げるための方法について論じた。

 7月17日にCEOに昇進したMeyer氏は、AMDがいわゆるNetbook市場について真剣に考えていることを明らかにした。Netbook市場は、現在、Intelの「Atom」プロセッサが最も成功を収めている市場だ。Netbookには、一般的に400ドル以下であることと、非常に小さくて軽いことの2つの特徴がある。現在、最も人気があるNetbookはAsusの「Eee PC」だ。

 Meyer氏は、アナリストからの質問に対し、AMDは(「iPhone」のような)モバイルインターネットデバイス市場には関心がないが、低価格ノートPCについては真剣に考えていると述べた。

 「AMDは、ライバル会社の規模に遠く及ばない、ずっと小さな会社だ。彼らが市場で行っていることをすべて行うつもりはない。(しかし)、小型ノートPC、低価格ノートPCといった市場には関心を持っている」(Meyer氏)

 AMDはすでにこの市場に参入する具体的措置を講じている。

 「この市場で、AMDは顧客が今現在支持している製品を提供しようとしている。これまでに公表したことはなかったが、11月のアナリストカンファレンスで、このロードマップについて話すつもりだ」(Meyer氏)

 また、Meyer氏を始めとする幹部は、今度の45ナノメートルプロセッサ、新しいグラフィックスチップ、同社の利益を回復する手段としてのいわゆる「アセットライト」戦略についても語った。

 最高財務責任者(CFO)のBob Rivet氏は、次の45ナノメートルプロセッサと、Taiwan Semiconductor Manufacturing Company(TSMC)などへの製造のアウトソーシングが、長期的持続性を伴う利益の鍵になると述べた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR