DNSの脆弱性に対する攻撃コードが公開される

文:Ryan Naraine(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:石橋啓一郎 2008年07月24日 10時01分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Dan Kaminsky氏のDNSキャッシュポイズニング脆弱性に対してパッチを当てる緊急性が何段階か跳ね上がっている。

 このセキュリティホールを利用する、対象の名前サーバのキャッシュに悪意のあるDNSレコードを埋め込むことを可能にする概念実証コードが、無料で配布されている攻撃・侵入テストツールであるMetasploitに追加された。

 Metasploitを作ったHD Moore氏によれば、この概念実証コードの作成には|)ruidの研究者と協力しており、この脆弱性実証コードを支援するためにDNSサービスも作成されたという。

 (参照:脆弱性の情報開示はいかに失敗したか:DNS同時パッチの問題を理解する

 このコードはここで提供されており、深刻なキャッシュポイズニング攻撃を行うことを可能にするDNSプロトコルと一般的なDNSの実装に存在する既知の欠陥に狙いを定めたものだ。

 この概念実証コードは、対象となる名前サーバに悪意のあるホストエントリをキャッシュさせる。対象となる名前サーバに対し、対象となるドメインの無作為のホスト名に対する問い合わせを行うことで、攻撃者は対象となるサーバへの応答を偽造することが可能になる。この応答には問い合わせに対する回答、オーソリティサーバレコード、そのサーバに対する追加レコード1件が含まれ、対象となる名前サーバのキャッシュにレコードを挿入する。

 私とのインスタントメッセージの中で、Moore氏はこの概念実証コードはDNSキャッシュをポイズニングするのに1分か2分程度しかかからないと話しており、これを改善するためにバージョン2.0に取り組んでいるという。

 Kaminsky氏は、公に数秒間で攻撃を成功させることも可能だと述べている

 どうか、すぐにパッチを適用して欲しい。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!