RealPlayerにヒープベースのバッファオーバーフローの脆弱性

文:Nathan McFeters(Special to ZDNet) 翻訳校正:石橋啓一郎 2008年07月26日 02時44分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Secunia Researchは、広く利用されている動画プレーヤーであるRealPlayerに、ヒープベースのバッファオーバーフローの脆弱性が存在すると伝えている。私がBlack Hatのウェブキャストを聞くためにRealPlayerをインストールする前にパッチが出ていてくれればよかったのだが、とりあえず今あわててアンインストールしているので、運が良ければ大丈夫だろう。

 パッチはまだ存在していないので、読者は少なくとも一時的にアンインストールすることを考慮すべきだ。

 Secuniaが提供する詳細情報は以下の通りだ。

影響のあるソフトウェア

RealNetworks RealPlayer Version 10.5 Build 6.0.12.1483
注意:ほかのバージョンにも影響がある可能性がある。

深刻度

等級:極めて重大
影響:システムに対するアクセス
場所:リモートから

脆弱性の説明

 Secunia ResearchはRealPlayerに脆弱性を発見した。この脆弱性は悪意のある人々がユーザーのシステムに対するセキュリティ侵害を行うのに利用される可能性がある。

 この脆弱性は、Shockwave Flash(SWF)ファイルのフレームの処理に存在する設計の誤りのために生じているもので、これを悪用してヒープベースのバッファオーバーフローを引き起こすことができる。

 悪用に成功した場合、任意のコードの実行を許してしまう可能性がある。

解決策

 この脆弱性は、次回のリリースで修正される。

履歴

2007/11/16 - ベンダーに通知
2007/11/22 - ベンダーに再び通知
2007/11/26 - ベンダーの応答と概念実証コードの要望
2007/11/29 - ベンダーに対し概念実証コードを送付
2008/01/03 - ベンダーが脆弱性の再現を確認
2008/05/27 - ベンダーに対し状況を確認
2008/07/07 - ベンダーが状況の更新が滞っていることを確認
2008/07/23 - ベンダーが情報開示日時を確認
2008/07/25 - 一般に情報開示

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR