インテルvsファブレス企業で明暗くっきり--ラムバスとMIPSがレイオフ発表

文:Brooke Crothers(Special to CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2008年08月18日 13時11分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 最近、半導体企業にとって、製造工場を持たないことはあまり賢明な選択とはいえない。

 半導体企業のRambusとMIPS Technologiesは、どちらも独自のチップ製造工場を持っていない。それに対し、Intelは自社の製造工場を持つ。そして前者のRambusとMIPSがリストラを進めている一方で、後者のIntelはプロセッサ出荷量の急増で業績を伸ばしている。これは決して偶然ではないだろう。

 RambusとMIPSは、ともにチップの知的財産のライセンシング事業を展開している。その両社が先週、レイオフを発表した。一方、Intelは、超小型Atomプロセッサの売り上げが好調で、全体的なプロセッサ出荷量も急増している。

 Rambusは米国時間8月14日、向こう2四半期におよそ90人の人員を削減し、およそ400万ドルのリストラ費用を計上すると発表した。またMIPSも先週、リストラを発表した。同社は、全従業員512人の15%をレイオフし、リストラにかかる費用を400万〜550万ドルと見積もっているという。MIPSは「われわれの見方では、(半導体)市場は引き続き減速の兆候を見せている」と述べている。

 しかし、Intelからはそんな弱気な言葉は聞かれない。市場調査会社IDCが今週発表したレポートによると、第2四半期のIntelのプロセッサ出荷量は、前年同期比20.8%増だった。また同社の市場シェアも、同四半期に0.9%増加し79.7%に達したという。

 またReuters によると、IntelのAtomプロセッサの売り上げも予想を上回っているという。Reutersは記事の中で、Intelの最高財務責任者(CFO)、Stacy Smith氏が「Atomの出足は極めて好調であり、年初のわれわれの予想をはるかに上回っている」と語ったと伝えている。

 Atomプロセッサは、Asusの「Eee PC」やAcerの「Aspire」といった知名度の高い製品に使用されている。

 Intelは、大きな戦略上の失敗を回避しつつ、他市場でも順調にシェアを伸ばしているようだ。同社は今週、「Intel Developer Forum」で、Nehalemというコード名で呼ばれる次世代アーキテクチャを採用したプロセッサCore i7のプレビューを行う。Core i7プロセッサは第4四半期に発売される予定。

 さらにIntelは、45ナノメートルモバイルプロセッサの最新世代の製造を増やしている。新型の超低電力チップ(次世代「MacBook Air」などの超薄型ノートPCに搭載されると噂されている)が9月に発売予定。また先週、同社初のクアッドコアモバイルプロセッサを搭載したLenovoとHewlett-Packard製ノートPCが発売される。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!