iPhone 3Gでビジネス通話とプライベート通話を使い分ける(ZDNet Japanブログより)

加瀬 健(日本アバイア) 2008年08月20日 17時21分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 発売から一ヶ月過ぎて供給面でも落ち着きを見せ料金プランの変更で さらに魅力を増したiPhone 3G。 私も発売開始と同時に入手して『ビジネス用途』で使っていますが、 ここまでの感想を書いてみます。

 iPhone 3Gは非常に優れたインターネット常時接続端末です。 私の会社ではExchange ActiveSyncを利用しているので、 業務で利用しているoutlookメールをどこにいても ケータイ端末にプッシュで受信できます。

 iPhone 3Gの3.5インチディスプレイは業務メールを見るのに 大きいとはいえませんが、2本の指を開く動作で簡単に 拡大表示が出来るので、ストレスなくメールを読むことが出来ます。 また特筆すべきは表示されるフォントがとてもきれいで、 老眼の人(私です)でも文字が非常に読み易い。 添付ファイルももちろん見れます。

 新規メール作成や返信などのコメントの入力は、 日本語・英語ともに少しレスポンスが悪いところがありますが、 実用に耐えうる範囲ではあります。 送受信の時間も3Gネットワーク環境下であれば全く問題ないです。 外出先でのメールチェックという観点では、いちいちPCを立ち上げて 会社のネットワークにアクセスする手間を考えると、iPhone 3Gの 『おへそ』を押すだけで、どこにいてもすぐにメールを見れる というのは、私にとって他に例えようの無い便利さでした。

 iPhone 3Gはこれからのワークスタイルを変える可能性を 予感させます。

全文はこちら--「IP Telephony最前線」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!