「日本刀」を作るプロセスとビジネスの共通点(ZDNet Japanブログより)

八木大造(クレオ) 2008年08月22日 16時51分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 なんとなくつけたテレビで、日本刀が出来上がるまでのプロセスをやってました。硬く折れにくい日本刀は、硬くもろい鉄(鋼:はがね)と、やわらかく粘り強い鉄(芯鉄:しんがね)を圧接して造られます。これは硬く折れにくい鉄が無いからだそうです。

 圧接はこれら性質の異なる鉄を重ねて熱し、何度も繰り返し叩くことで、鉄の中の気泡や不純物を火花と一緒に飛ばしながら行われます。刀匠が繰り返し鉄を叩く姿は、まさに熱心、勤勉という言葉がピッタリです。

 鋼だけを叩き続けて純度を高めれば、硬くなる反面、もろさが増して折れやすくなるのだそうです。逆に芯鉄の純度を高めれば、粘り強くなる反面、硬さが失われてしまう。

 そんな鉄の性質が、なんだか自分といっぱい重なります。硬く折れにくい本物を作る刀匠は、鋼と芯鉄をバランスよく重ねた上で、それを熱心に、勤勉に叩きます。今のまま、それを叩き続けて本当にいいのかい?大事なものを重ね忘れてやしないかい?と、たまにものすごく心配になるのです。

全文はこちら--「真水不足のミッドウェイ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!