iPhoneを守る方法

文:Ryan Naraine(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:石橋啓一郎 2008年09月07日 23時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 iPhoneには脆弱性がある。その一部は非常に深刻なものだった。Appleは脆弱性を修正するのに長い時間をかけることも時々ある。

 これらのセキュリティの問題は、iPhoneの売れ行きも利用も減速させていないため、自分のiPhoneが無くなったり盗まれたりした場合のことを考え、セキュリティを強化するための余分の手を打っておいた方がいいだろう。

 WiredのHOW-TWO WIKIでは、iPhoneのセキュリティに関する有効な手引きが提供されている。

  1. パスコードによる保護を有効にする
  2. SIM PIN保護を有効にする
  3. オートロックを有効にする
  4. ホームボタンを再配置する
  5. パスワード保存アプリケーションを使う

 もし他のアイデアや提案があれば、この記事にコメントを残すか、WiredのWikiに投稿するとよいだろう。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR