「Silverlightの最大のライバルはFlashではなくJavaScript」--専門家らが指摘

文:Suzanne Tindal(Special to CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2008年09月08日 17時32分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シドニー発--当地で開催のMicrosoft主催のTech.Edカンファレンスで講演した専門家たちの見解によると、Microsoftの次世代ウェブ技術である「Silverlight」最大のライバルは、Adobe Systemsの「Flash」ではなく、「JavaScript」だという。

 MicrosoftのシニアプログラムマネージャーであるScott Hanselman氏は現地時間9月5日、カンファレンスに集まった聴衆を前に「今後、JavaScriptの処理速度は向こう18カ月間に100〜1000倍向上し、GoogleやMozillaの人々がわれわれをせっついてくるだろう」と述べている。Googleは2日に、より高速なJavaScript技術を搭載したブラウザ「Google Chrome」をリリースしている。

 コンサルティング会社Cap Geminiのシニアコンサルタント、Jonas Follesø氏もHanselman氏の意見に同意し、JavaScriptは今後も高速化し続け、Chromeはいまよりも「大幅に」高速化していくだろうと指摘した。

 Follesø氏によると、同氏は、人々がブラウザ内でJavaScriptを使ってできることはすでに限界に達したと思うと、必ず「優秀なJavaScript作者」が現れて、さらにどうすべきかを教えてくれたという。

 Follesø氏は、「われわれが、アプリケーションにSilverlightとJavaScriptのどちらを使うかは申し上げにくい」とした上で、「JavaScriptはいずれ、SilverlightにとってFlashよりも手強い競争相手になるだろう」と語った。

 その後、聴衆の一人がパネリストの専門家らに、JavaScriptが「大幅に高速化」された今、同言語についての書籍を買いに行くべきか尋ねた。

 この質問に対し、MicrosoftのプログラムマネージャーであるHarry Pierson氏は、「JavaScriptは大半の開発者にとって大変特殊な言語」だと思う、と述べた上で、より高度な開発を行い、必要ならばそれをJavaScriptにコンパイルするとより面白いだろう、と語った。

 しかし、Hanselman氏は異なる見解を示した。同氏は、たとえJavaScriptが「変わっていて、風変りな言語」だとしても、オブジェクト指向のプログラミングは可能だと語った。同氏は、「わたしが『Netscape 4』で使用し、気に入らなかったJavaScriptは、今のJavaScriptとは異なる」と述べ、「そういうわけで、わたしは多少JavaScriptに関する本を購入した方がいいと思う」と語った。

 Follesø氏は、仮に高速化したJavaScriptが主流になったとしても、特に、「楽しい」Web 2.0アプリケーションのブームが落ち着つく時には、企業ではSilverlightが大きな存在になっているだろう、と指摘した。「イントラネットについては、ユーザーが同じユーザーエクスペリエンスを期待している場合、それをHTMLとJavaScriptで構築するのは言うほど容易ではない。そこで、Silverlightがはるかに容易な代替手段となりうる」(Follesø氏)

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから