「Acrobat 9」、不正なURLでクラッシュ--専門家が脆弱性を指摘

文:Robert Vamosi(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2008年09月12日 11時38分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Adobe Acrobat 9」は、特定のURLにより、サービス拒否(DoS)やクラッシュの被害を受ける可能性があると専門家が指摘している。

 SecuriTeamメーリングリストからの警告によると、「Adobe Acrobat 9にある脆弱性により、攻撃者は、不正なURLを与えることで、クラッシュを発生させることができる」という。

 同警告は、研究者であるJeremy Brown氏のブログを引用している。同氏は、実際にエクスプロイトコードを提供している。1つの例において同氏は、「acroie:///DoS」という文字列により、Windows Vistaで稼働のAdobe Acrobat 9でDoSを発生させている。

 Adobeはコメントに応じていない。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?