企業に届くメールの約90%はスパム--Panda Security調査

吉澤亨史 2009年02月02日 08時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Panda Securityは1月30日、同社のメールクリーニングマネージドサービスである「TrustLayer Mail」を使って2008年に4億3000万通のメールメッセージを分析した結果、企業に届くメールうち、悪意のないものはわずか8.4%だけであったと発表した。

 届いたメールのうち、89.88%がスパムであり、また1.11%は何らかのマルウェアに感染していた。第2四半期には企業に届いたメールうち94.75%がスパムであったという。

 マルウェアに感染したメールを調べると、「Netsky.P worm」が最もよく検知された悪意あるコードであった。これは、ユーザーが感染したメッセージをMicrosoft Office Outlookのプレビュー表示を通して見るだけで活動を開始する、Internet Explorerの脆弱性を利用するマルウェアだ。

 スパムメールのタイプを分析すると、32.55%が製薬品関連で、20.50%は精力剤関連だった。また、経済情勢の悪化に関連したスパムが増加しており、住宅ローンや偽のローンの宣伝メッセージが4.75%、偽の仕事のオファーやいかさまの卒業証書などが2.75%を占めた。スウォッチなどブランドの偽物製品の販促スパムは全体の16.75%であったが、最後の6カ月間では減少している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?