「Windows 8 Consumer Preview」--良い点と悪い点

Adrian Kingsley-Hughes (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子 2012年03月13日 07時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Windows 8」を稼働させることができるタッチ操作可能なハードウェアプラットフォームを所有している場合、同OSは他のMicrosoft OSよりも遙かに優れたエクスペリエンスを提供してくれるはずだ。その一方で、キーボードとマウスが接続されたシステムを使う場合、Microsoftのこの最新OSの良さは実感しづらいはずだ。

 筆者はほんの数時間前に「Windows 8 Consumer Preview」を入手し、仮想マシンと物理マシンの双方で試用してみたところだ。そこで、Microsoftのこの最新OSのファーストインプレッションを、さらっとではあるがお伝えしたい。

 本論に入る前に、1つはっきりさせておきたい点がある。それは、本記事がWindows 8 Consumer Previewのレビューではないという点である。レビューではない理由は以下の2つである。

 まず、たった数時間試用しただけで(あるいは数日間試用したとしても)OSのレビューをしようというのは無茶な話である。OSというものは膨大な数のソフトウェアが複雑に絡み合った集合体であり、インストールして少し触ってみただけでは、そのごく一部しか体験したことにならない。長い時間をかけ、使い込んでみてはじめて現れる致命的なバグや問題があり得るのだ。

 もう1つの理由は、これが(名前からは推測できないものの)あくまでもベータ版だという点にある。ベータ版というものは、動作がおかしくなることが多いだけでなく、正式版のリリースまでに変更される箇所もかなり多く含まれている。

 今回、Windows 8を試用するにあたっては、読者の方々がWindows 8をインストールすることになりそうなハードウェアプラットフォーム、すなわちキーボードとマウスが接続されたデスクトップシステムを意図的に選択している。タッチ操作によるユーザーインターフェースという観点から、見栄えのよい記事を執筆することもできたのだが、Windows 8の公開によってタッチ操作をベースにしたデスクトップシステムの売上が伸びるとは考えにくく、またこのOSをタッチスクリーン操作で使おうという動機付けもさほどないと予想した結果である。たいていの人は、Windows 8をインストールしても、これまで通りキーボードやマウスを使うことになるはずだ。

 前置きはこれくらいにして、Windows 8 Consumer Previewの良い点と悪い点、それに気になる点を紹介していくことにしよう。

FigA
この「Install now」ボタンは、タッチではなくクリックするべきなのだろうか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
データドリブンな経営
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
林雅之「スマートマシン時代」
デジタルバリューシフト
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
モバイルファーストは不可逆
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ベネッセ情報漏えい
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
OS
XP後のコンピュータ
スペシャル
より賢く活用するためのOSS最新動向
HPE Discover
Oracle OpenWorld
AWS re:Invent 2015 Report
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
マーケティングオートメーション
AWS re:Invent 2014
Teradata 2014 PARTNERS
Dreamforce 2014
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
VMworld 2014
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化
NSAデータ収集問題