VoIPの実装ミスからネット版「真珠湾攻撃」の可能性--早急な導入に警鐘

Andrew Donoghue(ZDNet UK) 2005年03月18日 12時57分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 英国Royal Mailの情報セキュリティ部門トップが、企業がインターネット電話アプリケーションを導入する際、正しくこれを実装しないと、ハッカーや悪質なコードの危険にさらされることになる、と警告した。

 Royal Mail Groupの情報セキュリティディレクター、David Laceyは、ロンドンのドックランズで開催中のBusiness Continuity Expoで講演し、企業各社が必要な注意を払わずに慌ててVoIP技術に移行する結果、今後2年以内には各方面でIT関連のセキュリティ事件の発生が想定される、と語った。

 「2006年あるいは2007年には、インターネット版の真珠湾攻撃のような事件が発生するだろう。VoIPのような新技術は、われわれのネットワーク内部のセキュリティを穴だらけにする危険をはらんでいる」(Lacey)

 Jericho Forumセキュリティユーザーグループの発起人の1人であるLaceyは、企業各社がセキュリティの側面を考えずに安価なIPテレフォニーサービスを活用しようとするため、VoIPはエンタープライズネットワークのセキュリティに独特の脅威を与える、と語っている。

 「VoIPが非常に短期間で実装されると、かなり大きな脅威となる」(Lacey)

 先月公表されたComputing Technology Industry Association(CompTIA)の調査では、VoIPは回答者の34%から支持を集め、最も高い生産性を実現可能なアプリケーションに選ばれた。

 データネットワークにはセキュリティ対策に関してこれまでの蓄積があるが、音声システムにはそうしたものがなく、そのことがVoIPを社内ネットワークインフラの大きな弱点にしてしまっている、とLaceyは付け加えた。同氏によると、同一のネットワークを使って、音声とデータのトラフィックを処理する企業は、「リスクが集中」する危険を抱えることになるという。

 コンサルティング会社BearingPointが先ごろ公表した「Making the Leap to the Next Generation(次世代に向けた大きな飛躍)」というレポートでは、「多くの金融機関や各種企業を結ぶ国際ネットワークは、合併や買収を繰り返して継ぎ接ぎされた『ネットワークのネットワーク』だ。その結果、非効率、高コスト、不適切な障害復旧、新しい高帯域幅アプリケーションの導入問題がしばしば発生している」と指摘されていた。

 

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化