BSMソリューションの新たな波に注目

Chris Jablonski(CNET News.com) 2005年04月22日 21時28分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 現在、IT部門の管理者にとって、ビジネスの視点からITシステムの運用を行うことが、大きな課題になっている。そして、多くの組織では、ビジネス上のゴールに合致したITインフラの構築に役立ちそうな新しいアプローチを1つ以上は検討している。こうしたアプローチのなかには、BSM(ビジネスサービス・マネジメント)、ITSM(ITサービス・マネジメント)、BTO(ビジネス・テクノロジー・オプティマイゼイション)、ITIL (ITインフラストラクチャ・ライブラリ)などがある。

 一方、ベンダー側からもいろいろな次世代型の管理ツールが出てきている。Computer Associates(CA)、MC/Remedy、Managed Objects、それにHPやIBMなどが、日常的なシステム管理で蓄積したさまざまなデータを分析して、ビジネス計画に活かすというビジネス・サービス・マネジメントという考えに一斉に飛びついている。これらのなかには他よりも先を行っているものもある。たとえばManaged Objectsは、今週同社のビジネスサービス・コンフィギュレーション・マネジメント(BSCM)ソリューションを発表した。このBSCMは、ITサービスのトポロジー情報を--エージェント抜きの新たなBTI(ビジネステクノロジー・インサイト)ツール経由で--どんなコンフィギュレーションや資産データの情報ソースとも統合できるようにする。

 大手ベンダーについては、BMCが最新のビジネス再編計画の一環として、成長中のサービスマネジメントビジネスにリソースを移す予定だ。またCAもConcord Communicationsを買収したばかりだ。CAはConcordの技術が「Unicenter」ITサービスマネジメント・プラットフォームで不足している部分を埋めてくれることを期待している。

 Gartnerは2003年に出したあるレポートのなかで、「大企業のなかで、BSMを導入できるレベルまでITの運営プロセスを成熟させている会社は、全体のわずか10%にすぎない」と述べていた。ところが現在では、Managed ObjectsのBSCMのような最新のソリューションは導入も簡単で実装にかかる時間も大幅に短くなっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化