SecurIDハードトークン新版はUSB経由でワンタイムパスワードを自動入力

日川佳三(編集部) 2005年05月11日 23時13分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 PKI(公開鍵暗号方式)ベンダーのRSAセキュリティは6月17日、ワンタイムパスワードの自動入力を可能にするとともに、新たにデジタル証明書とWindowsパスワードを収容可能にしたハードウェアトークンの新版「RSA SecurID SID 800」を出荷する。

RSA SecurID SID 800

 新版のSID 800は、JavaチップとJava仮想マシンを内蔵し、USB接続ポートを搭載したハードウェアトークンである。パソコンのUSBポートに接続することで、ワンタイムパスワードのフレーズを手動で入力することなく利用できるのが特徴だ。

 ワンタイムパスワードとは、定期的に変化するパスフレーズを元に、認証サーバが認証サーバと共通の設定下にあるワンタイムパスワード発生トークンを持つ正規ユーザーを認証する仕組みを指す。SecurIDでは60秒に1回、パスフレーズが変わる。

 さらに、ワンタイムパスワードに加え、新たにSSLクライアント証明書など公開鍵暗号を用いたX.509ディレクトリ形式のデジタル証明書とWindowsパスワードを格納できるようにした。スマートカードトークン用APIであるPKCS#11かMSCAPIを実装したアプリケーションからSecurID SID 800をデジタル証明書の格納デバイスとして利用できる。

 パスフレーズを発生できる期間に応じ、2年版、3年版、4年版、5年版の4種類を用意した。使用可能期間によって価格が異なる。SecurID SID 800の大きさは幅27×長さ86×厚さ10ミリ・メートルで重さは21g。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化