マイクロソフトのPortable Media Centerは携帯メディア端末の最有力候補

David Berlind(ZDNet.com) 2005年05月11日 23時12分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 私は今年に入って、Microsoftの製品が市場を独占する「モノカルチャー」の状態がポッドキャスティングの分野に及び、Appleを駆逐するようになるかもしれないというコラムを書いた。オンラインのホワイトボードセッションでは、この現象についてもっと詳しく説明し、メディアプレイヤー分野におけるモノカルチャーがデジタル著作権管理(DRM)技術に波及する可能性があるという話をしたが、これは--少なくともいまのところは--この2つの事柄が密接に関連しているからだ。Microsoft、Apple、Real Network、Adobe(Macromediaを買収したため)や他のどこかの企業が、メディアプレイヤーやDRMの分野で市場を制覇するようになったら、エンターテインメント/メディア業界にとっては、これまでになく有利な状況が生まれることになろう。

 現在提供されているサービスを見ると、Microsoftはいろいろな面で賢い選択をしており、先行する同社には誰も追いつけないように私には思える(Appleを甘く見てならないと、いつも読者の皆さんには言われるが)。これまでのところ、携帯DVDプレイヤー以外で、Microsoftのようにデジタルビデオを活用する技術を市場とインターネットに浸透させた企業は他にない。

 Microsoftはまた、Plays4Sureプログラムを通して、端末メーカー同士が競争する状態を作り出すために、DOS/Windows/Pocket PCオペレーティングシステムのライセンスで採用してきたやり方を踏襲した、今回もこのやり方が機能しており、CreativeやiRiver、Samsungがビデオ再生可能な携帯端末を出しているほか、Pocket PCが動作するPDAや携帯電話にもWindows Media Playerを搭載したものが登場している。

 Appleはといえば、まだQuicktimeムービーを再生できるiPodを出しておらず、このゲームに参加してさえいない状態だ(ただし、2005年のクリスマスに同社がQuicktime対応のiPodを発表するという噂は耳にしている)。Windows Media以外のオーディオ/ビデオを再生できる製品は、ハードウェア/ソフトウェアともに、他にもいくつか出ている(たとえば、Archos、Real、Adobe/Macromediaなど)。だが、これらの取り組みは、MicrosoftによるPortable Media Centerの取り組みほどきちんと進められていないため、成功しているとはいえない。

 コンテンツの開発や配信については、Microsoftは通信インフラの分野にも浸透しており、その結果(1)Windows Mediaベースのコンテンツを再生できる電話端末の販売(2)Windows Mediaのストリーミングを利用したデジタルコンテンツの配信(3)、あるいは(1)と(2)の両方を行う通信事業者が登場している。

 今年、アリゾナ州スコッツデールで開催されたPC Forumでのインタビューで、Sunの社長兼COOであるJonathan Schwartzは、Microsoftによるモノカルチャーの脅威は現実的なものであり、それを防ぐために、Sunではネットワークの認証仕様を策定する業界団体「Liberty Alliance」のような団体を組織することを考えていると述べた。Microsoftのメディアプレイヤー技術が携帯デバイスの分野を独占するようになったら、Sunにとっては大きな打撃になる。携帯メディアの分野でJavaが亜流のOSになりさがる可能性があるだけでなく、Microsoftの携帯マルチメディア技術が広く普及すれば、MicrosoftのモバイルOSと(モバイル版Javaのライバルである)モバイル版.NETの需要が増えることになるからだ。

 SunやAppleなどの企業が負けると予想するのはまだ時期尚早かもしれない。私は以前ZDNetに掲載された3つのPMC製品の比較レビューを読んで、このブログを書くことを思い立った。これらの製品にはまだ粗いところも残っているものの、手始めとしてはまあまあの出来で、しかも実際に市場に出回っている。シニアエディタのJames Kimは次のような意見を述べている:

「Windows Mediaの世界では、ここで取り上げた携帯メディア端末は、革命的なWindows Mobileベースのユーザーインターフェースのおかげで、WMVムービー、WMA音楽、デジタル写真のすべてをごく簡単に再生できる。Portable Media Centerは、オーディオ録音/ビデオ録画、FMチューナー、多数のポピュラーなメディアフォーマットをネイティブでサポートする点など、これまでの携帯ビデオプレイヤーが備えていた機能を欠いているが、それでもWindows Media Player (WMP) 10.0との自動同期機能があるおかげで、世界でも最も使いものになっている」

 Microsoftは史上初めて、Appleを追いかけるのではなく、Appleの先を行っているように見える。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化