グーグル、企業向けデスクトップ検索のベータ版を発表

藤本京子(編集部) 2005年05月19日 12時58分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米Googleは5月18日(米国時間)、企業向けのデスクトップ検索アプリケーション「Google Desktop Search for Enterprise」ベータ版を発表した。すでに提供されているデスクトップ検索が持つ機能に、企業内イントラネットのファイル検索機能が加わったほか、セキュリティが強化されている。

 Google Desktop Search for Enterpriseでは、WordやExcel、PowerPoint、PDF、MP3といったデスクトップ上のファイルのみならず、イントラネット上に置かれたファイルやLotus Notesのメッセージなどが検索できる。また、過去に閲覧したウェブページをオフライン上で検索することや、AOLのインスタントメッセージを検索することも可能だ。

 セキュリティ機能として、管理者が重要ファイルや一部ドメインのインデックス化を禁止できる。また、インデックスの暗号化もサポートしている。

 さらに、Google Desktop Search for Enterpriseは、企業向け検索アプライアンスのGoogle Search ApplianceやGoogle Miniとの連携が可能となっている。

 ダウンロードは無料だが、Googleではオプションとしてプレミアムサポートパッケージを用意している。料金は1000ユーザーにつき年間1万ドルで、Googleの担当者によるサポートが受けられるほか、同製品の技術詳細が書かれたサポートページへのアクセスや、ユーザーフォーラムへの参加が可能だ。

Google Desktop Search for Enterprise

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR