グーグルの企業向け検索アプライアンスが日本でも販売開始に

西田隆一(編集部) 2005年04月20日 17時02分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  グーグルは4月20日、企業内のさまざまなドキュメントを検索できるGoogle検索アプライアンスを日本で販売すると発表した。実際の販売は、代理店契約を結んだ三井物産を通じて行われる。

 Google in a boxとも呼ばれる同製品は、米国では2002年9月より販売されており、日本でもNTTコミュニケーションズによるホスティングサービスとして提供されていた。

 今回販売される製品は、GB-1001、GB-5005、GB-8008の3タイプで、それぞれ検索できる最大ドキュメント数と1分あたりの最大検索回数が異なる。

 部門向けのGB-1001は最大ドキュメント数150万、事業部向けのGB-5005は同500万、大企業向けのGB-8008は同1500万に対応している。また、1分あたりの最大検索回数はGB-1001、GB-5005ともに300回、GB-8008で1000回となっている。

 検索できるファイルの種類は、HTML、PDF、マイクロソフトのOffice製品など200に対応している。また、エンドユーザーはインターネット上のグーグルの検索サービスと同様に、慣れ親しんだインターフェイスで企業内のドキュメントを検索できるという。

Googleのエンタープライズ部門 デイブ・ジルアード氏

 「ある調査によれば、企業で働く人の4分の1の時間は情報を探すために費やされている。企業の中にも検索すべきものがたくさんある。生産性の高い仕事をするためには、検索技術が必要だ」と米グーグルのエンタープライズ部門ゼネラルマネージャー、デイブ・ジルアード氏は、東京ファッションタウンで開催中のサーチエンジンストラテジーの開場で語っている。

 同製品はグーグルのインターネット上の検索サービスと異なり、企業での使用を考慮したものとなっている。同社プロダクトマーケティングを担当するデビッド・バーコビッチ氏によれば、Google検索アプライアンスでは各企業にとって必要な情報の検索結果を上位に出せるように設定できるという。これはドキュメントをカテゴリー分けをしてプライオリティー付けをすることで実現しているのだという。また、ドキュメントファイルだけででなく、企業内にあるデータベース内のデータも検索できる技術も用意されているという。

 同製品の価格はGB-1001が700万円程度、GB-8008が1億円程度となっている。米国では今回日本で販売が開始された製品より低価格のGoogle miniが販売されている。

Google検索アプライアンス

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算