日本HPがディスクを利用した仮想テープ装置を出荷

日川佳三(編集部) 2005年05月19日 19時31分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ヒューレット・パッカードは6月中旬、ディスクを仮想的なテープ装置に見せるバックアップ装置「HP StorageWorks Virtual Library System」(VLS)を出荷する。価格は、最大容量5Tバイトのモデル「VLS 6105」が350万円から、10Tバイトのモデル「VLS 6510」が680万円から。

 VLSは、ディスクを用いた仮想テープ装置である。データの格納にディスクを使いつつ、バックアップ・ソフトからはテープ・ライブラリ(複数のテープ・ドライブと複数のテープ・カートリッジを持つテープ装置)として扱える。インタフェースはFC(FibreChanel)である。

米Hewlett-Packard ストレージ・ワークス・ディヴィジョン ニアラインストレージ・マーケティング・マネージャのカルロス・マルチネス氏

 VLSが対象とするユーザーは、中小規模のシステムを運用する部署である。主に既存のテープ・ライブラリを置き換えて、データ・バックアップとリストアの速度を上げる需要に適する。データ転送速度はVLS 6510で最大450Mバイト/秒であり、テープ装置よりも高速である。

 一方、ミッション・クリティカルな業務システムでは、大規模な共有ストレージ内部でスナップショット・バックアップを世代別に作成し、古いコピーをテープ・ライブラリにアーカイブ・バックアップするという手法が採られる。VLSを含め、ディスクをバックアップ媒体として使う手法は、こうしたミッション・クリティカルな分野ではあまり使われない。

 ディスクをバックアップ媒体として使う手法は、VLSの登場以前でも一般的だった。主にIPネットワークを経由して、実運用環境のディスク・ストレージから、バックアップ用のディスク・ストレージへデータをコピーするというものだ。こうした状況に対して、米Hewlett-PackardでVLSやテープ・ライブラリのマーケティング・マネージャを務めるカルロス・マルチネス氏は、「VLSはディスクからディスクへのバックアップよりも優れている」と力説する。

 ディスク装置やネットワーク・ファイルシステムと比べたVLSのメリットは、データを保有しバックアップ対象となるサーバが増えれば増えるだけ、運用管理コストを削減できる点である。初期導入コストはディスク・ストレージよりも高くなるが、共有ディスクのボリューム設定などが必要になるディスク・ストレージよりも、テープ・ライブラリに見えるVLSの方が運用負荷が下がる。

 VLSに加えて同社は、ディスク・ストレージの新機種3モデルと、テープ・ライブラリの新機種1モデルの出荷も開始する。ストレージは「HP StorageWorks Enterprise Virtual Array」3モデルで、価格は最大容量16.8Tバイトのモデル「EVA 4000」が346万円から、33.6Tバイトのモデル「EVA 6000」が646万円から、72Tバイトのモデル「EVA 8000」が1250万円から。テープ・ライブラリの「HP StorageWorks EML eシリーズテープライブラリ」は、筐体が520万円から。

 ストレージのEVAは、論理ボリュームの管理だけでディスク・アレイの物理構成を管理する必要がない。複数のディスク群をプールして仮想化し、論理ボリュームに自動マッピングできる。仮想化によって物理的なRAID構成を計画して組み立てることなく、求めるデータの冗長度によって仮想RAID構成をVraid 1、Vraid 5、Vraid 0の3タイプから設定可能である。RAID 1(ミラーリング)同等の冗長度から、RAID 0(ストライピング)のような冗長度のない使い方まで使い分けられる。

 テープライブラリの需要も「横ばいながら今後も続く」(カルロス・マルチネス氏)。ディスクは、ウイルスに侵食される恐れやハードウェアの障害などのリスクがあるが、テープはデータを保護する能力がディスクと比べて高いというのが理由の1つ。カルロス氏は、テープ媒体の可搬性も、ミッション・クリティカルな業務では需要が続くと見ている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化