アイエフネット、「SoftEther CA」によるASP型VPNサービス

ニューズフロント 2005年06月13日 16時09分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アイエフネットは6月13日、三菱マテリアルの仮想イーサネットソフトウェア「SoftEther CA」を使ったASP型VPNサービスの提供を開始した。

 同サービスを利用すると、インターネット接続回線の種類や接続会社に依存せず、拠点間の通信や、外部からのリモートアクセスを安全かつ簡単に実現できるという。SoftEther CA 1.1を採用しており、アイエフネットの電子認証局から発行される電子証明書を標準添付することで、通信の機密確保と第三者によるなりすましの防止が可能となる。USBトークンと組み合わせると、通信のセキュリティをさらに向上できる。

 税込み価格は以下の通り。

【初期費用】

  • サーバ生成費用:1万500円(接続領域ごと)
  • ソフトウェア費用:1万500円(クライアントタイプ、接続PCごと)、3万450円(ブリッジタイプ、ソフトウェアをインストールするPCごと)

【接続PCごとの月額料金(クライアント数別)】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR