NECソフト、電子メール/ウェブの情報管理ツール「GUARDIANシリーズ」Linux版の機能強化

エースラッシュ 2005年07月20日 22時34分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NECソフトは7月20日、電子メールやウェブの情報管理ツール「GUARDIANシリーズ」Linux版のバージョンアップを行い、販売を開始した。今回発売されるのは、以下の3製品4プロダクト。

  • GUARDIANWALL V5.3 for Linux:メールフィルタリングソフト
  • GUARDIANWALL 全文検索機能付き保存メール管理システムV2.0 for Linux:GUARDIANWALLのオプション。メールの検索や管理を行うツール
  • WEBGUARDIAN V2.3 for Linux:ウェブ情報セキュリティ管理ソフト
  • URLGUARDIAN V1.1 for Linux:URLフィルタリングソフト

 価格は、SIおよび保守費用を含まない税別価格で、「GUARDIANWALL V5.3 for Linux」と「WEBGUARDIAN V2.3 for Linux」が500ユーザーで200万円、「GUARDIANWALL 全文検索機能付き保存メール管理システムV2.0 for Linux」が200万円。「URLGURDIAN V1.1 for Linux」は500ユーザーで一般企業向けが120万円、教育機関向けが96万円となっている。

 同社では今後1年間に500セット、SIおよび保守を含めた売上げ約10億円を見込んでいる。

NECソフト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR