SSAグローバル、エピファニーを買収--エンタープライズスイートでSAPやオラクルと対抗へ

Matt Hines(CNET News.com) 2005年08月08日 18時23分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 相次いで企業買収を行っているSSA Global Technologiesは米国時間3日、新たにCRMソフトウェアメーカーのEpiphanyを約3億2900万ドルで買収することに合意した。

 製造業および小売業向けに業務管理アプリケーションを提供するSSAは、ここ数年、次々と企業を買収してきた。有名なものとして、2003年7月に1億3500万ドルで買収したライバルのERP(企業資源計画)ベンダーBaanがある。SSAは主として中規模企業に力を入れており、BaanのほかにもEXE Technologies、Elevon、Ironside Technologies、Infinium Softwareなどの企業を買収してきた。

 カリフォルニア州サンマテオに本社を持つEpiphanyは、中規模企業向けに販売/サービス/マーケティング/分析などの機能を持つCRM(顧客関係管理)ソフトウェアを提供している。

 SSAの幹部は今回の買収の大きな理由の1つとして、2社のSOA(サービス指向アーキテクチャ、さまざまなソフトウェアから複合アプリケーションを構築する手法)戦略が似ている点を挙げている。SSAもEpiphanyも、自社製品の開発プラットフォームとしてJava 2 Enterprise Edition(J2EE)を採用している。

 SSAは今回の買収に基づき、今後さらに完全な業務アプリケーションパッケージを提供できるようになると述べている。これには、各種のERP、CRMツールが含まれる。エンタープライズスイートと呼ばれる分野に移行することで、SSAは市場最大手のSAPをはじめ、Oracle、中規模市場でライバル関係にあるホスティングアプリケーションプロバイダのNetSuiteに対抗することが可能になる。

 SSAの幹部は、Epiphanyが自社に加わることで、より広い流通チャネルを獲得できると説明している。

 「CRMは重要な成長市場であり、Epiphanyは革新的なソリューションを持っている。同社製品の堅牢な機能、技術インフラ、利用しやすさは高く評価されている」とSSAのCEO、Mike Greenoughは声明文で述べている。

 2社によると、買収は全額現金で取引され、Epiphanyの株主の合意を得た後の2005年10月に完了する見込みという。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化