NTTデータ経営研究所など、個人情報保護法対応の達成度をWebで自己診断

WebBCN (BCN) 2005年08月24日 11時58分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTデータ経営研究所(佐々木 崇社長)とメトロジー(緒方 純社社長)は、 企業の個人情報保護法への対応状況をインターネット上で簡易に自己診断する 「個人情報保護法対応Web簡易診断サービス」の提供を開始した。31日間利用 可能で、料金は2万1000円。

 60項目の設問に回答することで、情報セキュリティマネジメントへの取り組 み状況を把握・分析し、診断結果を視覚的に分かりやすい形でレポートする。 所要時間は2−3時間程度。出力された診断レポートによって、現状の達成度や 法的要求事項とのギャップを把握できるとともに、導入すべき対応策を網羅的 に検討することが可能となる。

 具体的には、10の診断分野(個人情報保護法/組織・体制/方針・文書・記 録/個人データ管理/教育・不正防止/施設・設備/IT環境/個人データの配 送)ごとに、物理的対策・人的対策・技術的対策の3つの側面から、どこが弱 いかを包括的に把握。達成度が低い分野に対して改善のアドバイスを得ること ができる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR