インテル、最後のシングルコアXeonを発表

Stephen Shankland(CNET News.com) 2005年09月27日 11時27分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Intelは米国時間27日、同社最後のシングルコアとなる「Xeon」プロセッサを2モデル発表した。これらは、同サーバチップの通常版より消費電力が低くなっている。

 Intelが発表したのは、55ワットで動作する3GHz「Xeon LV」と、90ワットで動作する3.2GHz「Xeon MV」の2モデル。従来の3.8GHzデュアルプロセッサの消費電力は110ワットだった。

 チップメーカー各社は、低消費電力で、その分発熱量も少ないプロセッサの開発を進めている。これは、エネルギーや電気の価格上昇だけが理由ではない。チップの消費電力が低下すれば、コンピュータメーカーはシステムをデザインしやすくなる。また、顧客もオーバーヒートの問題に悩まされず、データセンターにシステムを設置しやすくなる。Intelの新しい低電圧モデルは、ブレードサーバなど、シャーシ内におけるプロセッサの搭載密度が高い各種モデル向けに考えられている。

 デュアルコアプロセッサは、同等のシングルコア版より低いクロックスピードで動作するのが一般的だ。しかし、作業負荷が複数の独立した命令系統(スレッド)に分散されれば、クロックスピードが低くても、性能はデュアルコアモデルが上回る。

 Intelは、2つの処理エンジンを組み合わせて1つのシリコン片上に集積するデュアルコアサーバチップのリリースではライバルのAdvanced Micro Devices(AMD)に遅れを取ってきた。しかし、Intelは、十数種類のデュアルコア/マルチコアチップの開発を進めており、「Paxville」と呼ばれる同社初のデュアルコアXeonも数週間以内に発表する計画だ。Paxvilleには2つのバージョンが用意され、1つはデュアルプロセッサ搭載サーバ用で、もう1つはプロセッサを4基以上搭載するサーバ用となる。

 AMDの主力である「Opteron」チップは95ワットモデルが標準となっているが、ほかにも120ワットの「スペシャルエディション(SE)」が用意されている。今のところ、SEバージョンを採用しているのはSun Microsystemsのみとなっている。AMDはまた、ブレードサーバなどの各種高密度コンピュータデザイン用にさらに低消費電力版のモデルも販売している。

 AMDは、OpteronによってIntelのマーケットシェアを奪ってきた。しかし、Merrill LynchのアナリストJoe Oshaは、Intelが価格で反撃に出て、AMDの利幅拡大を抑え込むものと予想している。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化