C4Tとデジタルデザインがデータ通信高速化ミドルを共同開発

ニューズフロント 2005年09月30日 15時13分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シーフォーテクノロジー(C4T)とデジタルデザインは9月30日、ネットワークセキュリティ技術分野で技術提携および共同開発を行うと発表した。C4Tの暗号技術とデジタルデザインの高速化通信技術を組み合わせ、データ通信高速化ミドルウェアを共同開発する。

 C4Tは、米国立標準技術研究所(NIST)から暗号モジュール向けセキュリティ規定FIPS 140-2の適合認定を受けている唯一の国内ソフトベンダーである。また、デジタルデザインのソフト製品系列「FastConnector」は、独自の圧縮転送技術を用い、ネットワークの通信量を約3分の1以下に圧縮できるという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR