レッドハットとエーモード、国内ホスティングサービス分野で提携

エースラッシュ 2005年11月07日 19時23分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 レッドハットとエーモードは11月7日、日本国内のホスティング市場に対するレッドハットのLinuxプラットフォーム・サービス提供について提携すると発表した。

 エーモードのホスティングサービスは、個人事業主や小規模商店のネット事業をターゲットにしている。この提携により、エーモードのユーザーは企業向けLinuxディストリビューションである「Red Hat Enterprise Linux」をベースとしたサービスを利用できるようになる。

 Red Hat Enterprise Linuxは、業界標準のハードウェアやアプリケーションの動作保証が多くプラットフォームが安定している上に、拡張性やセキュリティが強化されている。両社はこの提携を機に、さらにセキュアなホスティングサービスを目指すとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウドコンピューティング

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから