ネオジャパンとアドバンスト・メディア、音声認識を活用した製品開発で提携

WebBCN (BCN) 2005年12月09日 11時45分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ネオジャパン(齋藤晶議社長)とアドバンスト・メディア(鈴木清幸社長) は、音声認識を活用した製品の開発で業務提携した。

 提携の第1弾として、ネオジャパンが開発するWebベースのグループウェア 「desknet's(デスクネッツ)」にアドバンスト・メディアの分散型音声認識 ソフト「AmiVoice DSR」をプラグインとして導入する。これにより、携帯電話 でのアドレス情報の検索やスケジュール情報の呼び出しなどが声によってでき るようになり、外出先での業務効率の向上や情報共有の促進が可能になる。

 今後、営業日報管理システム「desknet'sSSS」や顧客サポート支援システム 「desknet'sCAMS」にも、「AmiVoice DSR」をプラグインとして導入する。3製 品とも、05年度中に「AmiVoice DSR」対応版を発売する予定。なお、携帯電話 での音声認識は、当初はNTTドコモの「FOMA M1000」のみ対応し、順次対応機 種を増やす予定。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから