太陽電線、日中連携にNECのERPソフト「EXPLANNER/J」を採用

CNET Japan Staff 2005年12月14日 06時58分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NECは12月13日、電線/ケーブル製造業の太陽電線がウェブ対応の中規模製造業向け基幹業務(ERP)ソフト「EXPLANNER/J」を採用したことを発表した。太陽電線は、日本および中国の生産管理システムや販売管理システムなどの基幹業務システムとして、このERPソフトを利用する。

 太陽電線は、1995年より生産/販売拠点の中国シフトを進め、現在では中国に6拠点を持つ。また、2005年3月に帝国電線製造所を子会社化した。今回の基幹業務システム構築は、この拡大戦略の一環。日本と中国を密接に連携させ、生産/販売業務におけるコラボレーションの実現を目指している。

 新システムでは、各工場の生産進捗や在庫状況などを一元的かつリアルタイムに確認可能な状態にし、システム運用コストを削減。販売管理システムと連携可能な貿易管理業務システムを導入する方向。

 新基幹業務システムは、2006年3月から大阪本社を中心に、東京支店、中国の蘇州工場(江蘇省蘇州市)、東莞工場(広東省東莞市)および日本の豊岡工場(兵庫県豊岡市)、島根工場(島根県江津市)などにおいて順次稼動する予定だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR