編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

NECグループ、インドで設立のソフトウェア開発合弁会社が操業開始

CNET Japan Staff

2005-12-13 02:28

 NECおよびNECシステムテクノロジーは12月12日、インドで新会社「NEC HCL System Technologies Limited」の操業を開始したことを発表した。NECグループは2005年6月より、インドのITサービス大手、HCL Technologies Limitedと高度なソフトウェア開発を行う合弁会社の設立を発表し、準備を進めてきた。

 新会社は、NECグループがインドで初めて設立した開発事業拠点。デリー郊外のノイダ市にあるソフトウェアテクノロジーパークに本社オフィスを設置する。設立当初は約50人の体制でスタートし、3年後に300人を超える規模に拡充する計画だ。

 設立からしばらくは、NECおよびNECグループ会社向けのセキュリティ分野や組み込みソフトウェア分野、ネットワーク関連分野のソフトウェア開発、ハードウェア開発設計、ソフトウェア領域における研究開発などを行う予定。将来的には自社製品の開発も視野に入れている。

 また新会社は、神奈川県川崎市中原区にあるNECの玉川ルネッサンスシティ内に日本支店を開設し、NECおよびNECシステムテクノロジーとの連携を深めることで、事業の早期立ち上げを目指す。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]