編集部からのお知らせ
新着PDF:商用5G活用を考える
テレワーク関連記事一覧はこちら

NEC、異種データベースを仮想的に統合する「DataCoordinator/VA」を発売

ニューズフロント

2005-12-07 16:36

 NECは12月7日、異なる種類のデータベースからデータを仮想的に統合するソフト「DataCoordinator/VA」の販売を開始した。同ソフトを使用すると、システムごとに異なるデータベースを仮想的に統合し、各アプリケーションから全データベースを参照できる。税別価格は800万円から。

 DataCoordinator/VAは、アプリケーションやGUIからデータベースへのデータ参照要求を想定し、別種のデータベースを仮想的に統合する。その結果、それぞれのアプリケーションからすべてのデータベースが参照可能となる。これにより、データベースごとに異なる言語の特性を意識せず、新しいアプリケーションを開発できる。

 当初、Oracle、SQL Server、PostgreSQLの3種類のデータベースに対応する。対応データベースは順次拡充する計画だ。

 また、NECでは、DataCoodinatorシリーズを利用したデータ統合について、導入に必要なコンサルティングからシステム設計、構築、運用までを対象とする新サービス「データ統合サービス」も提供する。税別価格は50万円から。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]