編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

日本IBMの仮想化ソフトスイート「VE 2.0」、新版は情報管理ソフトを追加

ニューズフロント

2005-11-09 14:30

 日本IBMは11月9日、仮想化技術を搭載したソフトスイート製品の新版「IBM Virtualization Engine(VE)2.0」を発表した。同社製品だけでなく他社のOS、ハード、ソフトに対応しており、異機種混在環境のサーバやストレージなどを統合することで単一システムとして一元管理/運用できる。

 新版は自動化機能を強化した。異機種混在環境でも、オープンなインターフェースやWebサービスを用いてハード資源やソフトの稼働状況を監視できる。メモリやプロセッサなどのIT資源が不足してボトルネックが生じている場合は、システムが自動的に資源を適切に配分し直す。そのため、管理者の対応を待つ必要がなくなる。

 また、異機種混在環境でサーバ、ネットワーク、データベース、アプリケーションなどの情報を一元管理するソフト「Virtualization Engine Resource Dependency Services」を、新たに追加した。

 VE 2.0を構成する各ソフト製品の税込み価格は以下のとおり。

  • Virtualization Engine Enterprise Workload Manager:46万320円から(1プロセッサ)
  • IBM Director with Virtualization Engine Console:3万3495円から(1プロセッサ)
  • Virtualization Engine Resource Dependency Services:924万円から(1サーバ)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]