三菱電機がテキストマイニングシステムを発売--類義語など関連辞書を自動生成

エースラッシュ 2005年12月14日 17時29分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 三菱電機は12月14日、「三菱テキストマイニングシステム DIAMining EX」を2006年1月31日から発売すると発表した。

 三菱テキストマイニングシステム DIAMining EXは、CSVフォーマットの文書から類義語や同義語などの「関連辞書」を自動生成する。また、同社独自の「概念抽出技術」により表現が異なっていても関連性の高い語を同一カテゴリーに自動分類したり、「チューニング機能」で業界や業種に適した専門用語や同義語などを選択登録することも可能だ。この辞書を利用すると、対象文書の検索・分析、レポート作成までを一貫して作業できるようになるという。

 価格は1ライセンスパッケージが262万5000円、3ライセンスパッケージが525万円で、年間保守料が1ライセンスあたり47万2500円となる。レンタルの場合は保守費用を含む月額料金制となり、1ライセンス年間使用料が13万1250円、3ライセンス年間使用料が26万2500円となっている。同社は3年間で300式を販売目標としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!