みずほ情報総研、テキストマイニング機能を追加したアンケートサービスを提供開始

田中好伸(編集部)

2005-08-29 19:09

 みずほ情報総研は8月29日、ネット上でアンケート調査をするASP(ソフトの期間貸し)サービス「e-リサプラス」に、テキストマイニング機能を追加した新版の提供を開始した。

 今回追加されたテキストマイニング機能は、従来1件ずつ調査実施者が判断する自由回答を、意味の似通った内容ごとに自動的に分類し、「クラスタービュー」と呼ぶ360度方向の樹形図に配置して一覧できるようになる。自由回答の全文を読まなくても意見の傾向を把握できる。

 クラスタービューで分類整理された回答群は、同じ傾向の回答ごとに代表的な回答文とキーワードが表示される。抽出された代表的な回答ごとに年代や性別、業種、年収などの属性と結びつけて表示したり、自由回答と属性とのクロス集計結果を円グラフで表示することもできる。また、自由回答での単語の出現回数を集計したワードランキングをCSV形式で出力することで、表計算ソフトでの分析もできる。

 e-リサプラスは、開催中の愛・地球博の「環境webアンケート」で採用されている。e-リサプラスの利用料金は、1回だけのスポット利用で30万円、テキストマイニング機能の利用が12万円となっている。1年間で何度でも使える年間パスポートでe-リサプラス利用料金は100万円からであり、テキストマイニング機能は60万円となっている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]