ジャストシステム、Oracle Database 10g対応のXMLアプリ開発・実行環境を発表

ニューズフロント 2006年03月01日 14時48分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ジャストシステムは3月1日、Oracle Database 10g Release2向けの統合XMLアプリケーション開発・実行環境「xfy Enterprise Solution Plus for Oracle Database 10g」を発表した。2006年第3四半期に出荷を開始する。

 xfy Enterprise Solution Plus for Oracle Database 10gは、日本オラクルのデータベースと連携可能な、XMLアプリケーション開発・実行環境。リレーショナルデータベース(RDB)形式のデータと、RDBに格納されているXMLデータの両方を処理できるため、データベースと対話可能なユーザーインターフェースを備えるアプリケーションを迅速かつ自由に作れる。

 開発・実行環境の「xfy Enterprise Solution 1.0」と、Oracle Database 10g用拡張キットの「Oracle Database 10g Extension Kit for xfy Enterprise Solution 1.0」で構成する。利用料金は、いずれもサーバ使用料が1CPU当たり年額36万円、クライアント使用料が1クライアント当たり年額6000円となる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!