Review:XMLファイル編集に革命をもたらすジャストシステムの「xfy technology」

斎藤卓也 2005年10月30日 20時56分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ジャストシステムといえば、かな漢字変換の「ATOK」やワープロソフト「一太郎」で有名だが、そのジャストシステムがXMLの世界で、また新たな旋風を巻き起こそうとしている。その名はxfy technology。

 xfyは“エクスファイ”と読み、“x(ml)化”という意味だそうである。それでは、xfy technologyとは一体何なのか?

 もの凄く簡単に言うと、あらゆる種類のXMLファイルをWYSIWYG (What you see is What you get)で簡単に編集できるソフトである。HTMLファイルを作るために用いるホームページ作成ソフトのXML版みたいなものだと思えばよい。だが、xfyが凄いのは「どんな種類のXMLファイルでも編集できる」ということだ。

 XMLファイルを作成/編集する場合、皆さんはどのようにしているだろうか?

 恐らく次の2とおりのどちらかだろう。

1)テキストエディタで直接XMLファイルを作成/編集する。

2)作成するXMLの種類に合った専用エディタでXMLファイルを作成/編集する。

 1)の場合は、HTMLで言うならテキストエディタを使ってHTMLタグを直接記述し、ホームページを作成することに相当する。これではHTMLタグ本を参照しながらHTMLを打ち込み、ブラウザで結果を見る、を繰り返しながらホームページを作ることになり、なんとも原始的で効率が悪い。

 2)の場合は特定の種類のXML専用エディタを使ってXMLを記述する。例えばホームページ作成ソフトでHTMLファイルを作成するようなものなので、WYSIWYGで簡単に編集でき、なかなか効率がよい。しかし、ホームページ作成ソフトはホームページの作成には使えるが、グラフィックスファイルの作成や音声合成用ファイルの作成など、別の用途には使用できない。XMLはHTMLのように用途が一通りしかないものではなく、あらゆる用途に使用できるように作られたものであるため、このようにある特定の種類のXMLしか編集できないエディタでは困る。

 実際、XMLはさまざまな分野に対応するために、ボキャブラリと呼ばれる標準化が行われている。代表的なXMLボキャブラリとしては、HTML後継用のXHTML、2次元画像用のSVG、数式記述用のMathMLなど、多くの種類のXMLボキャブラリが存在している。

 さらに、XMLはユーザーが独自にタグを定義/利用することができるため、実際に編集対象になるXMLボキャブラリの種類は無数にあると言ってもよい。このため、無数に存在し今後も増殖し続けるXMLボキャブラリごとに、その専用編集ソフトを用意するというのは非現実的である。

 そこで考え出されたのがxfy technologyだ。

 このxfy technologyは、世の中に存在するどんなXMLファイルでも、ホームページ作成ソフトのような手軽さで誰にでも簡単に編集することを可能にする画期的なテクノロジーだ。現在xfyはまだ開発途上だが、xfyのホームページでユーザー登録をすることで、個人使用および学術研究目的であれば、ベータ版を無償でダウンロードして使用することができる。

 現在ダウンロード可能なのはxfy本体である「xfy Basic Edition 1.0 Beta」と、その開発ツールである「xfy Developer's Toolkit 1.0 Beta」の2種類。とりあえず使ってみたい場合はxfy Basic Edition 1.0 Betaだけを、xfy technologyのウェブサイトからダウンロードすればOKだ。

 このxfy technologyはJavaで作られているため、Windows XP、MacOS X(10.3)、Fedora Core3など、さまざまなプラットフォーム上でそのまま動作させることができる。

 xfy Basic Edition 1.0 Betaを起動すると、図1のような画面が現れる。一見難しそうに見えるかもしれないが、実際に操作してみると通常のワープロを使ったことがある人ならすぐに使えるようになるくらい簡単だ。

図1:xfy Basic Edition 1.0 Betaの起動画面

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化