XMLの利用料金を支払え--特許権を主張する企業

Martin LaMonica(CNET News.com) 2005年10月24日 12時17分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ある小さなソフトウェア開発企業が、XMLを利用する企業から使用料を徴収する計画を進めており、またもや特許申請を巡って技術産業界が紛糾している。

 ノースカロライナ州シャーロットに拠点を置くScientigoは、「ニュートラルな形式のデータ」の転送技術に関する特許2件(No. 5,842,213およびNo. 6,393,426)を保有している。このうち1件は1997年に申請済みで、Scientigo幹部の主張では、データフォーマット標準のXMLが両特許を侵害しているという。

 ScientigoのCEOであるDoyal Bryantは先週、同社がこうした知的財産の利用に「課金」していく方針を明らかにした。

 同社はロイヤリティの支払いを自ら管理するのではなく、サードパーティとの契約を取り扱う知的財産ライセシング企業にこの業務を委託する意向だ。知的財産ライセシング企業とは現在、暫定的な契約を結んでいると、Bryantは説明している。これについての最終的な契約内容は、今週にも発表される予定だ。

 「わたしたちはなにも世界を敵に回そうと考えているのではない。単に資産の有効的な活用法を模索しているだけだ。これを資産と呼ぶことが適切であることには、強い確証を持っている」(Bryant)

 産業界は特許の役割をめぐり意見が真っ二つに分かれているが、Scientigoの今回の動きは、こうした事態にあらためて拍車をかけるものと言える。

 支持者らは、特許制度はその意図のとおり、知的財産を保護するのに役立っていると述べる。一方、ソフトウェア特許廃止派を含む同制度の反対者は、しばしば悪意を込めて「特許という名の乱獲」と言い表し、疑いを知らないソフトウェアユーザーに企業が法的措置を起こす行為を助長しているとして、特許制度の現状を批判している。

 Bryantは、Scientigoがここ数カ月間にわたり、MicrosoftやOracleなどの大手ソフトウェアプロバイダーを含む47社の企業と、同特許に関して話し合いを進めてきたと述べている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化