(連動企画)フォトレポート:メインフレームを振り返る

田中好伸(編集部) 2006年03月13日 22時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本そのものを支えてきたとも言えるメインフレーム。しかし、その実物がどういうものであるかは、なかなか人目に触れることがなかった。ここでは、「メインフレームの進化論」の連動企画としてメインフレームの実物をフォトレポートという形でお見せする(写真は日立製作所提供)。

メインフレームを振り返る(1)
1959年から1970年代前半までのメインフレームを紹介。1959年に完成した「HITAC 301」は、トランジスタを使った事務用計算機だ。

メインフレームを振り返る(2)
1970年代前半から1990年代前半までのメインフレームを紹介。この時期にはさまざまな技術革新がなされることで、メインフレームもさまざまな種類が登場するようになっている。

メインフレームを振り返る(3)
1995〜1999年を振り返る。この時期、クライアント/サーバシステムの普及と共にオープン系システムとの連携など、大型コンピュータの利用形態は新しい時代に入ったと言える。

メインフレームを振り返る(4)
2001年から現在に至るまでを見てみる。2001年に発表された「エンタープライズサーバAP8000」は、ブロードバンドの普及により、エンタープライズ・ネットサーバに対応するミッションクリティカルサーバである。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから