ISS、プログラムの挙動からマルウェアを検出する統合セキュリティ装置

ニューズフロント 2006年03月17日 14時23分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 インターネットセキュリティシステムズ(ISS)は3月17日、プログラムの挙動からマルウェアを検出する機能「Virus Prevention System(VPS)」を、統合セキュリティ装置「Proventia M」に搭載したと発表した。

 VPSは、プログラム自体の振る舞いを判断することで、有害なプログラムを検出するプログラムビヘイビア解析技術の一種だ。シグネチャを参照してウイルスなどを検知するアンチウイルスソフトと異なり、未知のウイルスであっても検出、駆除できる。

 Proventia Mは、OS内に安全な仮想環境を構成し、その内部で危険と思われるプログラムを実際に実行することで、挙動を解析する。現在約800種類弱の「感染トリック」を搭載しており、「アップデートすることなく、ほとんどのウイルスやワーム、マルウェアに対応できる」(ISS)。

 今後、ISSでは、VPS機能をほかの製品にも順次搭載するとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから