編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

Panda Software、ゲートウェイ対策製品にスパイウェア対策を追加

WebBCN (BCN)

2005-08-05 11:25

 Panda Software Japanは、スパイウェア、フィッシング詐欺に特化したプロテクションを追加した高速ゲートウェイ対策アプライアンス「Panda GateDefender」の新バージョンを発表した。「Panda GateDefender 8000シリーズ」のユーザーは無償でバージョンアップできる。

 新バージョンではアプライアンス機能を改良する新技術の追加によって、スパイウェアやフィッシング、その他のマルウェアをより効果的に阻止できるようになった。

 スパイウェア対策としては、(1)パターンベースのプロテクションに加え、新たなコンテンツフィルタリングモジュールを搭載した「アンチマルウェア エンジン」、(2)2000万以上のURLをさまざまなカテゴリに分類するCobion(ISS社)の技術を搭載した「Webフィルタリング」、(3)ジェネティックマルウェアスキャン技術を取り入れた「ヒューリスティックスキャン」――を統合。また、フィッシング攻撃に対抗するため、「アンチフィッシング技術」に加え、「アンチスパム技術」「パターンベースの検出技術」「ヒューリスティックスキャン」を搭載し、「ファーミング」呼ばれるフィッシングの進化形までブロック可能になった。

Panda Software Japan

「Panda GateDefender」

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]