大塚商会、中国進出企業向けに「Winny対策緊急無料相談室」を設置

WebBCN (BCN) 2006年04月25日 12時15分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 大塚商会(大塚裕司社長)は、中国進出企業向けに「Winny対策緊急無料相談室」を4月25日から設置すると発表した。6月30日まで実施する。

 上海にある大塚商会の子会社、オオツカ貿易(鶴見裕信董事長)内に設置し、中国国内でPCにインストールされた業務使用外と思われるソフトの状態をチェックする方法や、Winnyを悪用したウイルスに感染しているかどうかを確認する方法などの相談に応じる。要望に応じて、対策ツールの販売も行う。

 大塚商会によると、中国に進出している日系企業数は約2万社にのぼり、中国国内でのコンピュータウイルスの感染率は80%にのぼるため、Winny対策が急務になっているという。同社では、日本で販売しているセキュリティソリューション「OSM(Otsuka Security Management)」の一部を中国版OSMとしてオオツカ貿易を通じて提供しており、今回設置する「Winny対策緊急無料相談室」も中国版OSMメニューの1つとなる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!