マイクロソフトとNEC、「LCS 2005」とIP電話サーバの連携ミドルウェアを発売

ニューズフロント 2006年05月15日 14時35分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マイクロソフトとNECは5月15日、企業向けインスタントメッセージング(IM)/プレゼンスサーバ「Microsoft Office Live Communications Server(LCS)2005」とIP電話サーバ「UNIVERGE SV7000」を連携させるミドルウェア「UNIVERGE OW1000」の販売を開始した。税別価格は50万円から。

 UNIVERGE OW1000は、NECがLCS 2005のインターフェース仕様を参照し、オーストラリアNEC Business Solutionsのミドルウェアをベースに開発した。UNIVERGE SV7000との連携により、保留や転送などのビジネス電話向け機能や、装置障害と停電への対策などの機能が、LCS 2005ユーザーから利用可能となった。

 さらに、「Office Communicator 2005」や「Outlook 2003」「Excel 2003」「Word 2003」などのMicrosoft Officeアプリケーションから各種操作が可能なため、「必要なコミュニケーション機能のすべてをデスクトップ端末から一元的に利用でき、社員の生産性が飛躍的に向上する」と両社は説明する。

 両社は、オフィスコミュニケーション分野で戦略的に提携し、販売活動を共同推進するとしている。今後3年間で100社への販売を目指す。また、UNIVERGE OW1000は、5月18日から19日にサンシャインシティ文化会館で開催されるIPテレフォニー&ケータイソリューション2006に出展する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!