日本HP、DB向けILMソフトの最新版「RIM for DB 2.0」でOracle 10gに対応

ニューズフロント 2006年05月18日 17時55分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は5月18日、データベース向け情報ライフサイクル管理(ILM)ソフトの最新版「HP StorageWorks Reference Information Manager for Databases(RIM for DB)2.0」を販売開始した。対応データベースとして、新たにOracle 10gを追加している。

 RIM for DBは、企業向けデータベースやERPなどに特化したデータ自動アーカイブソフト。データベースなどから更新が行われず参照だけされるデータを識別し、あらかじめ設定されたポリシーに従って別のストレージ領域へ自動的に移動する。データを移動しても、アプリケーションからは単一データベースとして参照できる。

 データベースのアーカイブ自動化により、更新されるデータを配置する高性能ストレージ環境と、参照のみされるデータを配置する安価なストレージ環境を容易に組み合わせられる。その結果、ITシステムの構築や運用にかかるコストを削減し、システム管理者の作業負荷を減らせる。

 最新版がOracle 10gに対応したことで、RIM for DBのデータ再配置で発生したデータベース断片化を、Oracle 10gのテーブル再構成機能で解消できる。これにより、データ容量の削減とデータベース環境の性能維持が可能となる。

 なお、RIM for DBの開発元である米OuterBay Technologiesは、米Hewlett-Packard(HP)が買収した。これにともない、日本HPは、国内でRIM for DBの販売、サポートを行ってきたアウターベイのスタッフなどを引き継いだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから