住商情報システム、オープンソースDBに対応したウェブ人事管理システム

ニューズフロント 2006年05月22日 22時49分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 住商情報システム(SCS)は5月22日、ウェブ勤怠管理システムの最新版「SHARE/OTM Ver.3.0」とウェブ給与明細閲覧システムの最新版「SHARE/Pay Ver.3.0」を発表した。最新版は、MySQLなどのオープンソースデータベース(DB)に対応している。7月3日から発売を開始する。

 最新版では、旧版で対応していた商用データベースに加え、各種オープンソースDBの利用が可能となり、Oracle、MS SQL Server、DB2、Sybase、MySQL、PostgreSQLなどと連携できる。SHARE/PayにはPDF明細出力およびメール配信オプションを標準装備し、「初期投資およびランニングコストの低減を可能とした」(SCS)。また、SHARE/OTMは「シフト勤務」機能と、積立有給休暇などに対応できる「休暇・欠勤残数管理」機能を拡充した。

 サーバの対応OSはWindows Server 2003やLinuxなど、ウェブサーバはApacheやTOMCATなどとする。クライアント用OSは、Windows 2000とWindows XP。クライアントライセンス込みの価格は、SHARE/OTMが198万円、SHARE/Payが128万円となる。SCSでは、初年度の販売目標を20ユーザーとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!