沖テクノクリエーション、ウェブメールにも対応した情報漏えいメール防止装置

ニューズフロント 2006年05月24日 20時02分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 沖テクノクリエーションは5月24日、電子メール経由の情報漏えいを防ぐネットワーク製品「メール・コンフィデンス・プロテクタ」の販売を開始した。500クライアント以下向けの「シングルモデル」と、1000クライアント以上向けの「ノンストップモデル」を用意する。価格はシングルモデルが税別価格400万円から、ノンストップモデル税別900万円からとなる。出荷は5月31日から開始される。

 メール・コンフィデンス・プロテクタは、イントラネットとインターネットとの境界点に配置し、キーワード検索やあらかじめ設定されたルールなどに従って電子メールの内容を検査することで、情報漏えいを防ぐ。検索キーワードや送受信メールアドレスはグループ化できるため、部門や役職単位でのセキュリティ設定も可能だ。

 通常の電子メール送受信用プロトコルのPOP3およびSMTPだけでなく、HTMLにも対応しているため、ウェブメールによる情報漏えいも防止できる。IPアドレスを持たないステルスタイプの装置であることから、設置の際に既存のネットワーク構成を変更する必要がない。

 なお、同製品の開発は、アイ・ティ・シーおよび韓国XcureNetと共同で行った。沖テクノクリエーションでは、1年間で100システムの販売を目指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR