メインソフト、「WebSphere Portal」上で.NETアプリケーションを利用可能に

文:Martin LaMonica(CNET News.com) 翻訳校正:尾本香里(編集部) 2006年06月02日 10時55分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Mainsoftは米国時間5月31日、IBMの「WebSphere Portal」サーバ上で、.NETアプリケーションとJavaアプリケーションを連係させるソフトウェアをリリースした。

 Microsoftの.NETツールで作成されたアプリケーションとJavaプログラムは異なるプログラミング言語で記述されているため、これまで密接に連係できなかったと、Mainsoftの幹部は述べている。同社の「Visual MainWin for J2EE, Portal Edition」は、開発者が既存のMicrosoft ASP.NET Webアプリケーションを抽出し、IBMのWebSphere Portal上で稼働できるようリコンパイルすることを可能にする製品だ。

 MainsoftのマーケティングディレクターJenna Dobkin氏は、1台のサーバでJavaと.NETプログラムを併用できれば、エンドユーザーにすぐれたパフォーマンスを提供できるようになり、IBMもこれを支持していると説明した。またDobkin氏によれば、MainsoftのツールはNovellのオープンソース「Mono」ソフトウェアを利用して、.NETアプリケーションとJavaポータルの互換性を実現しているという。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!